カフェモンサンルー

2014/05/19

ホログラム

光は、電磁波の一種で、ようするに波なのだそうだ。
波の山から山、または谷から谷の距離を波長といい、それぞれの色の光は波長が異なっている。
光が重なるとき、その色の光は強められて明るくなり、
波長がずれると打ち消しあい、その色の光は弱まる、これを光の干渉という。
…………………………………………………………………………

10年前の夏、7月末の日曜日、時刻はお昼前。
(何回も書いている話ですが、最近記憶が薄れてきているのでまた書いてみたり。)
保育園へいつものように大遅刻。雨宮の東北大学農学部の西側の道路を自転車で猛ダッシュ。
農学部の開けた北の空に、Cの形をちょっと上下につぶしたような大きな雲が。
そのCの形の内側に、ふわふわと小判型の、ホログラムのような虹色のものが、20個くらい詰まっていて。
ゆらゆらふわふわ。
あれはナンダとちびっこと自転車を停めて空を眺めて。
だれか大人のヒトと話したくて、向こうから歩いてきたおじさまを掴まえて、空を指差し、
あれ、なんですかね?
と聞いてみると、おじさまは何も見えないと言うのです。
ちびっこにも見えているのに!
しばらくするとCの内側から何個か、小判型のふわふわゆらゆらが出てきて、
そしてCの内側のものも一緒に、ゆっくりゆっくり消えてゆきました。
ふわふわゆらゆらの動きはこれに似ています→ http://www.youtube.com/watch?v=UmnYllkYHBg
(1分22秒あたりから、偶然にもケムトレイルが。すばやく消えています。偶然かな、どうでしょう。)

この動きに、小判型で、シャボン玉の表面の動く虹色のもの。
いままで見た不思議なものランキング第二位です。

昨日もたくさんのみなさまにご来店いただきありがとうございました。
そして、青葉まつり帰りのお客様から「シャーピン」をお土産にいただきました♪
ごちそうさまです♪喜

本日もご覧いただきましてありがとうございます。
さまざまなことが明るい場所でみんなの知恵となりますように。
カフェモンサンルー