カフェモンサンルー

2016/01/10

教えて!ワケルくん

毎回勉強になります。

脳外科医師田中佳さんのブログより
【余った薬剤と主治医の関係性】http://ameblo.jp/emkanayoshi/entry-12109887515.html

飲まなかったクスリ、普通に捨てちゃだめなんですね。
知らなかった。
環境汚染になるなんて。
普通は、産業廃棄物になるものなのだそう。

参考に→【医療教育研究所/医薬品による川魚の汚染、米国環境保護庁が警告!】https://www.ime.or.jp/zakki/zakki022.html

写真は、近所のスーパーの通路に落ちていたもの。
パントシン散と書いてあります。
なぜここに?
なぜひとつだけ?
拾って捨てようと思いましたが、
田中佳さんの上記の記事を思い出し躊躇して、
それに、もしかして落とし主が探しにくるかもしれないとそのままにしました。

パントシン散は、ありふれたビタミン剤だそうですが、
抗生物質の副作用の予防にも出されるそうです。
抗生物質の副作用には難聴や腎臓障害がおきたりもするのだそうです。

パントシン散添付文書→ http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00050295.pdf
副作用はあまりないとされますが、添加物をみるとトウモロコシは遺伝子組み換えじゃないやつかなあ?とか、
タルクってなんだ?とか(ファンデーションやベビーパウダーにも使われている、鉱物、アスベストが含まれている可能性?)
メタケイ酸アルミン酸マグネシウムって?(アルミニウム含有量は、1000mg中 約150mg。)
などなど考えさせられます。

薬品添付文書を読むのがとても面白い。
ほとんどよくわからないけれど
微々たる知識が点となり線となり、立体になってゆくのが面白い。
小さい立体ですけど。
専門に勉強している方はすごいですね。
それから、この薬品や添加物を日々無毒化したり処理している肝臓や腎臓等は本当にご苦労様なことだと思いました。

本日もご覧いただきましてありがとうございます。
三連休の中日。
成人式を迎える皆様、おめでとうございます。
すてきな大人になってくださいね♪

お休みのみなさまも
お仕事のみなさまも
受験勉強にがんばるみなさまも、
お留守番のちびっこたちも

どうぞ和やかに穏やかに
心が喜びに満ちた日曜日となりますように。

スチャダラパー/ヒマの過ごし方 https://www.youtube.com/watch?v=4lzDNyL83ro

「ヒマを生き抜く強さを持て」

100年の孤独に打ち克つ強さよ。
カフェモンサンルー